【早稲田大学】 人間科学部 何を学べるの?現役大学生が徹底解説!

大学案内

文責:福本・手島

早稲田大学 人間科学部 基本情報

ベリー

まずは、人間科学部がどんなところかざっくり解説していくよ〜

人間科学部① 学科

人間科学部は人間環境科学科、健康福祉科学科、人間情報科学科の3つの学科からなります。

どの学科に属したとしても、心理学から社会学・生物学・歴史学・政治学・経済学・老年学・人工知能まで文系理系問わずありとあらゆる授業があります。

ベリー

人間科学部の特徴として、様々な分野を学ぶことができる点が挙げられるよ!

自分の興味や関心がイマイチはっきりしない方、わからない方でも色々な授業を取れますよ!

人間科学部② キャンパス

人間科学部はスポーツ科学部と同じく、所沢キャンパスにあります。

キャンパスは4年間変わることがありません。大半の学部がある高田馬場にではなく、埼玉県の所沢市にキャンパスがあるので、注意が必要です。

ベリー

キャンパスは小手指駅からバスで20~30分程のところにあり、人科生やスポ科生は例外なくバスに乗って通学することになるよ!。

早稲田専用のバスが無料で通っているので、お金はかかりません。授業時間が近くなると、バス停に行列ができることもしばしば。

早稲田大学 人間科学部の授業

ベリー

では、人間科学部ではどのような授業を受けることができるのでしょうか!?

1年生から順に見ていきましょう!

第1学年の授業

実際の人間科学部の時間割例です!

ベリー

大体週に4回くらい大学に行くのかなあ〜 2日行って1日休みって。。。大学生は楽だなあ!

ここからは、必修科目を紹介します!

 必修科目① 英語

英語の必修科目には、Current TopicsとTutorial Englishという2つがあります。

Current Topics

Current Topicsは20人程の教室で、最新の英字新聞を読んでその内容を全員で共有するといった内容です。

先生によって授業の進め方や単位の取りやすさがかなり異なってくる科目です。

毎日英字新聞を買ってくる必要がある先生や、ネットで済ませる先生もいます。

ベリー

毎回買うのは辛いなあ

こちらは通年となっており、1年間きっちりと受けないと、2年生以降もCurrent Topicsの授業を受けなければなりません。

Tutorial English

Tutorial Englishは少人数(3人〜4人)対ネイティブの先生1人といった形式の授業です。

ベリー

授業中は英語以外話してはいけないというルールがあるんだよね〜

事前にテストを受講し、結果によってレベル別にクラスが分けられます。

レベル別の教科書を使うので、授業自体を難しいと感じたことはありませんが、普段話さない英語を用いるという点で非常に体力を使います。

Tutorial Englishは学期ごとの科目なので、春夏の1学期、秋冬の2学期のどちらかに振り分けられます。

どちらの科目も入学後に大学が強制的に科目登録してくれるので、科目登録し忘れる心配はありません。卒業時に必修を取っていないと慌てずに済むわけですね。

 第二外国語

人間科学部では第二外国語を必修として通年で取る必要があります。入学後に「中国語」「フランス語」「ドイツ語」「スペイン語」の4つからいずれか1つを選択します。それぞれ文法と会話に分かれて授業を行います。これも英語の必修科目と同様、強制的に科目登録が行われています。

 データリテラシー

データリテラシーという統計の授業を人間科学部では必修に指定されています。

1年生から2年生の1学期まで取る必要があり、それぞれⅠ〜Ⅲとなっています。数学が苦手な方には少し苦しい授業になるかもしれませんが、チューターと呼ばれる大学院生がサポートしてくれるので安心です。こちらも上記同様強制的に科目登録が行われています。

 その他必修科目

上記以外に基礎ゼミ、スタディスキル、学術的文書の作成、人間科学概論といった授業が行われます。基礎ゼミは大学生活での振る舞い方や説明が行われます。基礎ゼミとデータリテラシーの授業が同じ生徒で展開するので、ここで友達が増える方も多いのではないでしょうか。

 必修以外の科目

心理学から社会学、生物学、歴史学、政治学、経済学、老年学、人工知能まで文系理系問わずありとあらゆる授業があります。人間科学部の特徴として、様々な分野を学ぶことができる点が挙げられます。自分の興味や関心がイマイチはっきりしない方、わからない方は、ここで様々な授業を取っています。

第2学年

 時間割(例)

 必修科目
 データリテラシー

1年生から引き続き2年生の春夏までこの科目を履修します。難易度が跳ね上がっているので引き続きしっかりと取り組む必要があります。友達との連携が重要になってくるので、1年生の間から友好関係を築いておきましょう。

 各学科の概論

3つの学科それぞれについて学科ごとに別れて学びます。大教室で学科に所属する1学年が集まるのは壮観です。

第3学年

時間割(例)

3年生からはゼミが始まるため、履修科目が大分かたまります。

またこの時点までで必修科目を順調に履修できていれば、特に必修科目に縛られることはなく、卒業要件を考慮しながら比較的自由な履修が可能になってきます。

早稲田大学 人間科学部のゼミ

3年生からゼミが始まるので、そのゼミに向けて履修科目を絞っていきます。

10月頃に参加必須のゼミ説明会があり、このあたりから学年全体でゼミ選びが本格化します。あらかじめ各ゼミの情報収拾をし、研究室訪問などを計画的に進めていきます。特にゼミ選考基準は研究室により異なるため、それぞれしっかり把握しておく必要があります。

各研究室は三つの学科に分かれていますが、実は学科の垣根を超えて選ぶことができます。既に述べたとおり、人間科学部では様々な分野を学ぶことがで切るため、ゼミ選択までに興味のある授業をたくさん受け、やりたいことを見つけておくことをお勧めします。

早稲田大学 人間科学部の教授

先生方の専門分野は多岐に渡るため、授業外でも興味のある先生を見つけたら自分からお話を聞きに行くなどして積極的に動けば、かなり多くのことを学べます。それぞれの研究に熱心な先生方が多いです。

コメント