【第二外国語は何にする?】慶應義塾大学文学部の語学情報を解説!

大学案内
受験生

大学で第二外国語は何にしよう?

どれが楽な語学かな?

こんな疑問に答えます。

語学選択の時期は大学入学前の3月なのでどの言語にしたらいいかわからない人が多いのではないでしょうか。

語学ごとに特徴があるのでこの記事をもとにしっかりと考えて、どれを第二外国語にするのかを考えましょう。

どの第二外国語にする?

第二外国語① 中国語

雄太郎

世界で唯一、英語を凌ぐ母語話者人口を誇るのが中国語です。

 

比較的に身近な言語であり、私たちが使う日本語の元になった言語でもありますが、文法、発音といった観点から見ると、日本語とは近いようで遠い存在でもあります。

 

ただ意外にも中華料理店など、日本国内で習いたての中国語を使う機会はあり、モチベーションは保ちやすいです。

 

▶︎文学部 中国語選択

特徴は?

✔️ 漢字があって親しみやすい

使う文字は簡体字とはいえ、所詮は漢字なので読解に困ることは少なく、単語の意味もなんとなく推測できたりします。

また、文法もそこまで複雑ではなく、英語をやりきったばかりの受験生には比較的簡単に感じられるかと思います。 

✔️ とにかく発音が難しい

上記のように、読解、文法に躓くことは少ないと思います。

しかし、発音や表記は非常に難しく、覚える量が膨大です。

まず単語を覚えるには、簡体字と意味を一致させるほかに、ピンインという声調を覚えなければなりません。

これらは日本語にはない概念なので、英語のRとLの違いのように初学者は苦戦するでしょう。

また、使う文字は簡体字であるとはいえ漢字とは若干異なり、慣れてくるに従って、日本語との区別がつかなくなり、ややこしくなることも多々あります。

第一学年

雄太郎

1年時は毎週課題が提出されました。

 

中でも単語テストはピンイン、簡体字、発音それぞれしっかり抑えなければ得点することができず、1年生は日々、週3回の授業の予習と課題に追われます。

また共通テストが学期末に行われ、仮に全て出席していても、このテストで失敗すると即留年が決定します。

例年25人クラスで2人から3人が留年するといいますが、言語の構造自体さほど複雑ではなく、また読解も出されないので、しっかり勉強すれば確実に点は取れます。

そのため努力差がはっきりしやすく、他言語よりも生徒間の差が開きやすいのかなと思います。 

第2学年

2年に上がると、1年時に比べて楽になったと誰もが口を揃えて言います。

雄太郎

ただ共通テストは廃止され、クラスごとに授業の進度も、教科書も異なるため、各先生によって楽単度が大幅に違います。

そのため1年よりも辛くなったと言う生徒も極小数名ながらいることも事実です。

第二外国語② フランス語

✔️ 英語との類似が多い

英語は1066年のノルマン制服の影響によってフランス語の影響を大きく受けたこともあり、英単語の中には多くのフランス語が取り入れられています。

よって、初学者でもとっつきやすいのが特徴です。

✔️ 先生のあたりハズレが少ない

他の語学は担当の先生が作ったテストを受けますが、フラ語の場合は共通テストを受けます。

どのクラスも共通のテストなので先生のあたりハズレが少ないです。

✔️ 女子が多い
 

文学部のフランス語選択は女子が多いです。

明らかにドイツ語のクラスよりもクラスの雰囲気が華やかです笑

1年次は女子がいることでテンションが上がっている男子生徒もちらほらいました。

第二外国語③ ドイツ語

✔️ 楽や
 

フランス語と同じくドイツ語も英語と似た部分が多く、案外難しくありませんでした。

文法性の区別や動詞と形容詞の語尾活用が複雑なので難しいと思ってしまう人もいます。

ですが、しっかり勉強しておけば単位はきます。

ベリー

ドイツ語楽って言っている人多いよね〜

✔️ 大変なことと言えば
 

出席が必須で、毎回課題が出るのがネックです。

まあ、それはどの語学でもそうですが笑

ぶっちゃけ単位をとるのは他の語学よりも楽ですし、留年者も少ないのでドイツ語はおすすめです。

第二外国語④ スペイン語

✔️ 一年生の時が大変
 

文スペは大変だと有名かとは思いますが、1年次がとにかくきついです。

出席は当たり前、点数で進級できるかがシビアに決まります。

しかし、2年次はそこまで辛くないです。

受ける人は覚悟して受けましょう。

どんな言語か軽く学んでみよう

大学に入ればわかると思いますが、言語によって学びやすさはだいぶ変わります。

実際にレッスンを受けてから決めるのがおすすめ。

DMM英会話では英語以外の言語を扱っているので悩んでいる人は試しにその言語のレッスンを受講できます。

 

人気記事慶應文学部の情報をとことん集めました【各専攻まで詳しく解説】

人気記事【裏技】オンライン英会話の無料体験をはしごして6,000円以上お得に利用する方法

コメント