【超エグい?】慶應義塾大学文学部心理学専攻のゼミ,教授,授業を解説します

大学案内
 
受験生
 

心理学専攻では何を学べるのかな?

慶應生の話を聞きたいな。

こういった悩みを聞きます。

本記事の内容

  • 心理学専攻の雰囲気
  • どんなことを学べるのか
  • 教授やゼミはどうか

仏文学専攻以外も他の専攻の慶應生に依頼して書いてもらいました。人間科学選考や社会学専攻に進むのにどれくらいGPAがいるのかなど具体的に解説しています。

慶應義塾大学 文学部 専攻別まとめ

文学部 心理学専攻とは 

Written by 江島健太(文学部/心理学専攻)

こんな人にオススメ

・文系だけど脳科学や神経科学のような理系の勉強をしたい人

・人の心理だけでなく動物の心理も学びたい人

・大人数よりも少人数で学ぶことが好きな人→1学年の定員は少なめです。

文学部 心理学専攻はエグい!?

慶應文学部の中でも3大エグ専の1つである心理学専攻。

ベリー

なぜ、エグいとされるのでしょうか。

エグい理由① 専門知識が多い

研究に生理学や脳科学、神経科学など理系分野からのアプローチが必要となります。

その中で数学的な処理や、脳と感覚器官にまつわる多くの専門知識を必要とします。

多くの人はそれらの予備知識を持っていないため一から勉強をしなくてはならず、結果として他専攻よりも勉強が忙しくなりがちです。

また、脳や神経を研究対象の中心に据えていない学派の心理学の専門知識も同時並行で学ぶことになるので必要な勉強量は多いです。

エグい理由② 成績評価が厳しい

評価のつけ方も厳しいです。

同じ心理学専攻で心理学系の単位を落とした人はちらほら見かけました。

僕自身、単位を落とすことはなかったものの評定はあまり良くなかったです。

1年次に受けることが多い一般教養科目の心理学よりもかなりシビアに評価がつくので、そのギャップも心理学専攻を厳しいと感じる原因の1つかもしれません。

文学部 心理学専攻の授業

ベリー

どんな授業があるのかを解説していきますね!

第2学年

2年次は3学年への進級条件科目を中心に時間割を組みます。

進級条件科目は心理学概説で、生物心理学、認知神経科学、知覚心理学、認知心理学、行動分析学、発達心理学のいずれか3科目の単位を取得することも進級に必要です。

とある心理学専攻の学生の時間割です。

 
1限   生物心理学   心理学概説 心理学アカデミックリーディング
2限   認知神経科学 行動・発達心理学特殊 生物・神経科学特殊 英語
3限 知覚・認知学特殊   心理統計 スペ語 心理学史
4限 行動・発達心理学特殊 英語 行動・発達心理学特殊    
5限 スペ語        

【進級条件】

▶︎下記のうち、3つ以上の単位を取得すること

✔︎生物心理学

✔︎認知神経科学

✔︎知覚心理学

✔︎認知心理学

✔︎行動分析学

✔︎発達心理学

▶︎心理学概説を取得すること

第3学年

3年次は実験と研究会がそれぞれ2科目分始まります。

どちらも4学年への進級条件科目であるため確実に時間割に加わることになります。

2年次にアカデミックリーディングの授業を履修していない場合は、こちらも4学年への進級条件科目なので履修しなくてはいけません。

【進級条件】

生物心理学・認知神経科学・知覚心理学・認知心理学・行動分析学・発達心理学の単位を全てを取ること。

第4学年

4年次は研究会2科目と卒業論文が中心となります。

【卒業条件】

▶︎卒業論文を提出

▶︎研究会の単位を取得

▶︎各科目の条件を満たした上で、128単位取得

文学部 心理学専攻の授業内容は!?

心理学概要

2週間間ワンセットで心理学の知覚や発達や認知などのそれぞれの分野の教授が講義を行う形式です。

心理学入門というよりはそれぞれの分野の最先端の内容を学びます。

文学部 心理学専攻のゼミ

ゼミは2年次の冬に希望を提出します。

ゼミを持っている教授は少なくとも春学期・秋学期のどちらかで授業を開いていらっしゃるので積極的に受講して研究内容や雰囲気を掴みましょう。

*2019年8月の時点で存在するゼミです。詳しくは専攻のゼミ紹介を参考にしてください。

伊澤ゼミ

進化の産物としての“こころ”の研究を進めています。鳥類の行動研究が中心です。

動物の心理を学びたい人におすすめです。

ゼミ① 伊東-認知心理学ゼミ

人間の記憶・理解・学習・問題解決などの認知プロセスに関する基礎的研究を行なっています。

犯罪心理を扱っている点が特徴的なゼミです。

ゼミ② 梅田-認知神経科学ゼミ

「心-脳―身体」の三者関係から、さまざまな精神活動の背後にあるメカニズムについて探っています。

脳科学の内容を多く含むので特に脳の仕組みを知りたい方におすすめです。

ゼミ③ 川畑-感性心理学ゼミ

知覚心理学や認知神経科学を学問的基礎として、ヒトや動物における、広く「感性」に関する研究を行っています。

人文社会学や医学や自然科学、人間工学を横断的に学ぶので、他のゼミよりも扱う学問の種類が多い点が魅力的です。

ゼミ④ 皆川ゼミ

音声言語や音楽などの聴覚研究を中心に、視覚、嗅覚、触覚などの知覚についてNIRSやアイカメラなど様々な方法を用いて研究を行っています。

幼児にも知覚にも興味がある方はおすすめです。

ゼミ⑤ 山本-発達心理学ゼミ

発達にリスクがある乳幼児、発達障害をもつ乳幼児・児童への応用行動分析学を軸にした発達臨床研究を進めています。

慶應には臨床心理学の窓口は少ないのですが、ここの教授は臨床心理学にも造詣が深いので臨床心理に興味がある方はこのゼミがいいと思います。

 

心理学専攻の記事は以上です。

他の専攻についてもまとめてあります。

慶應義塾大学【文学部】 入試対策・授業・専攻を現役慶應生に聞きました
慶應文学部について慶應生の寺西君(仮名)にインタビューしました!入試の対策方法・入学してからの実態など徹底的に調査し...
人気記事【裏技】オンライン英会話の無料体験をはしごして6,000円以上お得に利用する方法

コメント