【脱依存】過度なドーパミン分泌を調整し、集中力を高める方法

business model canvas

・気がついたら何時間もスマホをいじっていた。
・目の前のタスクに集中できない。
・なんとなく気分がどんよりしてしまう。

このような状態を経験したことはありませんか?

過度に分泌されたドーパミンが原因

最初に結論から言いますが、先ほどのような状態から自制できるようになるには下記の行動を制限することが最適です。

【集中力を高めるためにやめるべき行動】

– お酒
– タバコ
– SNS
– ゲーム
– ポルノ動画

これらによって脳内に過度なドーパミンが分泌されてしまいます。

<ドーパミンとは>

快楽を得られる行動を繰り返し取るように脳に命令する物質。過度に分泌されると依存の原因になる。

ドーパミンは人の自制心を壊し、「もっと動画を見たい」「もっとゲームをしたい」などと同じ行為を繰り返し行わさせ、結果的に目の前の欲求に依存してしまうことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。