【早稲田大学】文化構想学部の日本史を偏差値80の慶應生がサクッと解説!傾向や対策は?

大学受験
じん
じん

増田塾で浪人をして、現在は慶應大学に通っているジンです。

【日本史偏差値】河合記述77(第1回)/80(第2回)//センター満点!

受験生
受験生

文学部の日本史ってどんな傾向があるんだろう?

具体的な対策の仕方を知れないかな?

こういった疑問に答えます。

文化構想学部の傾向と対策

傾向と対策① 同じ正誤問題が出題される

早稲田大学の日本史では学部の壁を超えて繰り返し似た問題が出題されます。

じん
 

志望学部の過去問だけでなく、他学部の問題も解くようにしましょう!

2014年文化構想学部を例に解説していきます。

日本鉄道会社は「華族」の資本で設立された「半官半民」の鉄道会社であったのがポイントです。

  • 正しいものを1つ選べ。
  1. 最初の鉄道は有楽町-横浜間に敷設され,「陸蒸気(陸蒸気)」と呼ばれて人気を博した。
  2. 1881年,外国資本により日本最初の鉄道会社である日本鉄道会社が設立された。
  3. 1886年頃より民間設立ブールが起こり,九州鉄道や山陽鉄道など,各地に民営鉄道が建設された。
  4. 1906年に鉄道国有法が制定され,全ての鉄道は国有化された。
  5. 蒸気機関車による鉄道のほか,レールの上を馬車が走る「乗合馬車」も各地に出現した。

<文化構想学部/2014>

2に注目すると、「外国資本により」とありますが日本鉄道会社は「華族」の資本により設立されたのでこの選択肢は誤りになります。

日本鉄道会社が誰の資本で誰によって作られたのかが重要なんです。

  • 下線部に関連して,日本明治期の運輸業についての記述として誤っているものを1つマークせよ。
  1. 政府の保護下で成功した日本鉄道会社は,鉄道会社設立ブームのきっかけとなった。
  2. 政府の開運奨励策の下,1890年代に日本郵船会社はボンベイなど海外航路を開設した。
  3. 1880年代末にはすでに民間鉄道の営業キロ数が官営鉄道を上回っていた。
  4. 日露戦後,政府は軍事輸送などのために主要な民営鉄道線を買収し,固有化した。
  5. 政府は当初,三井・三菱を手厚く保護し,国内近海運業で外国汽船に対抗させた。

<商学部/2016>

1に注目します。日本鉄道会社は半官半民なので「政府の保護下」ならOKです。よって、この選択肢は正しい選択肢です。

次の問題を解くのにあたって今の問題を見てもらいました。

では、次の問題にいきましょう!

  • 下線部に関する記述のうち,誤っているものを2つマークせよ。
  1. 1872年,新橋・横浜間に官営鉄道が完成した。
  2.  政府は日本鉄道会社を設立して,上野・青森間を開通させた。
  3. 1880年代後半から民間鉄道ブームとなり,九州鉄道,山陽鉄道なども敷設された。
  4. 官営の東海鉄道(東京・神戸間)が開通したのは,日清戦争の時であった。
  5. 日清戦争の後,第1次西園寺内閣は,軍事的配慮から鉄道国有法を公布した。

<商学部/2010>

2に注目します。

ポイントで確認した通り日本鉄道会社は「半官半民」の企業です。

「政府は」の部分が誤りになります。

(4× 東京〜神戸間の東海道線が全通したのは1889年→日清戦争前)

とうでしょうか。

日本鉄道会社について繰り返し出題されていますよね。

文化構想学部だけではなく、他学部の入試問題を解くことで、早稲田で頻出のポイントがわかってきますよ!

傾向と対策② 特定の人物が出題されやすい

早稲田の日本史では早稲田に関連した人物が出題されやすいです。

文化構想学部では出題例があまりまりませんが、他学部では多く出題されています。

☑️ 文化構想学部の出題例

久米邦武(教育/2019)(文構/2013)(人間/2011)(政経/2009)

他学部では石橋湛山、大隈重信、小野梓など驚くほど頻繁に出題されています。

早稲田に関連した用語はこちらの記事でまとめてあるので確認しておきましょう。

文化構想学部の配点

教科 英語 国語 日本史
配点 75 75 50

文化構想学部の平均点

年度 平均点
2015 28.516
2016 28.479
2017 28.479
2018 27.203
2019 36.352

他学部

コメント