【図解】売り上げを伸ばすLPの施策5選|制作のポイントや注意点を解説

Landing page

LPとは

LP(ランディングページ)とは検索や広告を通して、検索をするユーザーが最初にたどり着くページを意味します。

ホームページは、店舗情報やアクセス、アクセスメニュー、会社情報などの会社の名刺として情報提供するのに対して、LPは購買や採用募集などある一定のアクションを起こさせることが目的のページです。

そのためには、LPのゴールを明確にして、導線をシンプルにすることが大切です。

今回はLPにおいて、売り上げを伸ばすのに必要な施策を5つご紹介します。

動画でも解説しています。

施策は5つ

まず始めに取り組んでおきたい、売れるLPを作るための施策は以下5つがポイントです。

  1. 導線をシンプルにする
  2. コピーにこだわる
  3. オプトインを簡潔に
  4. リードマグネットを用意する
  5. 締め切りを設ける

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

導線をシンプルにする

まず一つ目の施策ですが、ゴールを明確にして導線をシンプルにすることが大切です。

LPの目的はCTA(コールトゥアクション)です。

つまり、サイトに来た訪問者にある一定の行動をとってもらうことが大切です。

例えば、ECサイトなどの場合は、メールアドレスなどを入力してもらい、登録してもらう必要があります。

ですが、1つのページにリンクの選択肢が多すぎると、自分たちが期待する行動をとる可能性が低くなってしまいます。

一番わかりやすい例としてLPにはナビゲーションメニューがなく、他のページに遷移されにくいことが挙げられます。

LPにおいて、何をゴールにしているのか、それまでの導線はシンプルなものになっているのかを確認しましょう。

コピー

二つ目のポイントは、コピーの強化です。

LPにボタンを設置する場合、例えば「開設」よりも「開設する」といった動詞の能動態を作ってあげるほうがCTAを流すことに期待ができます

Spotifyのホームページ、LPの場合は「無料体験」ではなく、「無料体験を始める」となっており同様にホームページの場合も「開設」ではなく、「ショップを開設する」となっています。

ネットフリックスの場合も、「登録」ではなく、「今すぐ始める」などとなっており、単語単体ベースではなく、動詞や「無料体験」「今すぐ」などのコピーが使われています。

このような能動態の方が、文章の説得力が増し、誰が何をするのかが明確になるポイントがあります。

顧客情報

3つ目のポイントは、顧客情報です。

一般的にLPにおいて顧客に求めるメールアドレスや電話番号などの情報が少なければ少ないほど、コンバージョンがしやすい特徴があります。

ユーザーからすると、入力しなければいけない情報が多いと、どうしてもそこでめんどくさくなったりする影響で、離脱してしまうことも多いです。

先ほど紹介したネットフリックスやSpotifyでは、どれもメールアドレスだけのシンプルな構造にすることで、まずは顧客との接点を図っていることがわかります。

一方で、オプトインの内容を長くすれば顧客の質(リードの質)が高まるというメリットもあるため、どのような顧客の質を求めるのかを考慮する必要があります。

例えば、より質の高い顧客を求める採用でLPを使う場合は、この部分を多めにしてあげることで、質の高い顧客が集まりやすい傾向があります。

LPを作る際は、まずは企業にとってどんな顧客を求めるのかを考慮する必要はあるものの、できるだけユーザーに寄り添ったシンプルな作りにしてあげることが重要です。

リードマグネット

4つ目のポイントは、最適なリードマグネットを用意することです。

リード(見込み客)マグネット(磁石)という意味を指し、私たちのもとに呼び寄せてくれるものを用意しましょうということです。

これを機に、顧客は住所や電話番号などの情報を提供してくれます。

ビジネスにおいて分かりやすい例としては、武田塾の無料受験相談会です。

その他にも、マーケティング系であるのはebook、〇〇講座、ライザップなどもZOOM面談や無料の特典として提供する代わりに、情報を提供してくれることを促しているところが多いです。

顧客を最も惹きつけられるリードマグネットは何かということを考えたうえで、最適なリードマグネットを用意し、自社のLPに落とし込んでいくのが良いでしょう。

そして、リードマグネットに通常なら〇〇円のところ、今回は「無料で提供します」などの、リードマグネットの価値を分かりやすく数字に置き換えてユーザーに示してあげることで、さらにリードマグネットが魅力的なものになります。

締め切りを設ける

5つ目のポイントは、締め切りを設けることです。

これは、限定だったり希少性ということが非常に重要になってきます。

例えば、あまり興味がない靴があるとし、その靴が世界に1足しかないと聞いたらあなたはどう思いますか?

このように、希少性を出すことによって、ユーザーの購買意欲を高めることができます。

Deadline Funnelというツールでは、「商品やサービスを購入できるのは残り〇〇日〇〇時間〇〇分〇〇秒です。」といった形で締め切りを設けてあげることが重要になります。

実際に「ちょっと気になっているけど、後で買おうかな!」という経験をしたことがある人も多いでしょう。

このようなことを防ぐために、しっかりと締め切りを設けてあげて、CTAを高めてあげることが重要です。

LPを作る際の注意点

LPを作る際の注意点は以下3点です。

  • 改善
  • ベネフィットを伝える
  • 顧客情報の提供数が増えたからといって成功というわけではない

改善

売れるLPを作るにはLPO(改善)が重要です。

なぜなら、LPを作成してもすぐに成果が出るわけではないからです。

LPを定期的に改善しないと、CPC(クリック単価)、CPA(成果単価)が上がってしまうことも考えられますので、しっかり対策を取ることが大切です。

例えば「ファーストビューの最適化」や「コンテンツ内容の改善」「LPの表示速度を上げる」などのLPO改善をしてください。

ベネフィットを伝える

売れるLPを作るにはベネフィットを伝えることも大切です。

ユーザーにとっての利益や恩恵などを伝えることにより、ユーザーの購買意欲を高めることができます。

ただLPで商品やサービスの特徴を伝えるだけでは、ユーザーが離脱する可能性が高くなり、思っていたよりも売れるLPを作れずに悩んでしまう可能性があります。

特徴を伝えたい場合は、ユーザーへの伝え方を変えてLPを作成してみてください。

問い合わせが増えたからといって成功というわけではない

広告やLPOを通してCVや問い合わせが増えると、成果が出たように思いがちですが、LPの最終的なゴールは「成約」です。

確かに、問い合わせが増えれば、自社の商品やサービスに興味を持つユーザーを増やすことはできていますが、成約できていなければ意味がありません。

LPのゴール、本質を見失わずに、地道に努力していくことがポイントです。

まとめ

今回はLPの基本的な情報や、5つの施策について紹介していきましたが、自社のLPでは、実際に紹介した施策が取り入れられていましたでしょうか。

最後に、紹介した内容を簡単にまとめます。

  1. LP(ランディングページ)とは検索や広告を通して、検索をするユーザーが最初にたどり着くページ
  2. ゴールを明確にして導線をシンプルにすることが大切
  3. コピーの強化
  4. 顧客情報をあまり複雑にしすぎない
  5. 最適なリードマグネットを用意する
  6. 締め切りを設ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。