【慶應大学】全学部の休学費用と手順をまとめました

大学案内

慶應生 休学したいけどどうしたらいいんだろう。いくらかかるんだろう。

こういった疑問に答えます。

費用

在籍基本料のみ

履修要項を確認すると、「授業料、施設設備費、実験実習費の全額を減免」と記載されています。

よってかかる費用は在籍基本料の6万円です

文学部(例)

文学部を例にとります。

基本在籍料  6万

授業料    87万

施設設備費  19万

*文学部に実験実習費はありません。

「授業料、施設設備費」を引いて、休学費用は6万円になります。

手順

大まかな手順

基本的には以下の流れになります。

①塾生HPで休学願をダウンロードし、必要事項を記入

②専攻担任/学習指導の先生と面談(サインをもらいます)

③学生部に提出

④学部会議で審査

*学部によって細かな違いがあるので履修案内で確認してください。

期間

【通年】   4月1日〜翌年3月31日

【春学期】  4月1日〜9月21日

【秋学期】  9月22日〜翌年3月31日

学年/学期ごとに休学届が必要なので通年の場合は2枚準備します。

届出期限

通年、春学期 5月31日   16時45分

秋学期    11月29日  16時45分

面談

専攻担任/学習指導の先生との面談では休学理由を聞かれるそうです。

学部ごとに休学許可の厳しさが違うようで。

【厳しい】

文学部

【緩い】

法学部、経済学部、商学部

休学するにあたってしっかりとした理由、計画がないと無意味なものになってしまうので面談が厳しいの如何の斯うの気にせずに、しっかりと計画立てましょう。

休学を考えている人にオススメの記事

慶應生ブロガーのすゝめ 今後の就活を踏まえても、その才能を生かすべきでは
今回は「ブログ/YouTubeのすゝめ」ということで大学生向けに書いています。就活と絡めて以下の点から整理します。...
見つかりません | Study to Freedom
慶應生のブログ

コメント