【早稲田大学】政治経済学部の日本史を偏差値80の慶應生が解説!傾向や対策は?

大学受験
じん
増田塾で浪人をして、現在は慶應大学に通っているジンです。 【日本史偏差値】河合記述77(第1回)/80(第2回)センター満点!
受験生
受験生
政治経済学部の日本史ってどんな傾向があるんだろう? 具体的な対策の仕方を知れないかな?

こういった疑問に答えます。

早稲田を受けるなら、早稲田の日本史に特化した対策が必要です。

というのも、早稲田に特有の問題が出題されるからです。

この記事を参考にして、日本史を得点源にしましょう!

今回は政治経済学部の傾向と対策をできる限り具体的に解説していきます!

政治経済学部の日本史の傾向と対策

傾向と対策① 特定の人物が出題される

早稲田の日本史では早稲田に関連した人物が出題されやすい傾向があります。

ベリー

例えばどんな人がいるの?

政治経済学部で過去に出題された人を4人ピックアップしたよ!日頃からこれらの人物を意識して勉強するようにしよう!

大隈重信

出題例: 政経経済学部/2005 人科科学部/2016,2007 商学部/2019,2016,2014,2010 法学部/2010 文学部/2016,2012 国教教養学部/2018,2015,2014,2009

キーワード: 専門学校/「学の独立」 *政党に関連した問題に注意

早稲田大学の創設者であり、初代総長でもある。出題例からも大隈重信の重要性がわかる。アホみたいに出題されますw

鈴木茂三郎

出題例: 政治経済学部/2010,人間科学部/2018

鈴木茂三郎は早稲田の政治経済学部出身です。なんと卒業するのに8年もかかったとかw

久米邦武

出題例: 政治経済学部/2009 人間科学部/2011 教育学部/2019 文化構想学部/2013

大隈重信の招きを受けて、早稲田で教鞭をとった人物です。

石橋湛山

出題例: 政経経済学部/2013,2009,2008 人科科学部/2006 文学部2019 社会科学部/2019 教育学部/2017 法学部/2011,2008

早稲田出身初の総理大臣として活躍した人物。早稲田ジャーナリズム大賞をもらうほど、早稲田では認められています。要注意です。

確かに繰り返し出題されているね!

ベリー

人間科学部と出題されている問題が被ってるね!特に人間科学部と問題が被ってる!

そうなんだ!他学部と共通して出題されているから他の学部の対策ページも参照してね!

早稲田に関連した人物はこちらの記事にまとめてあります。

学部ごとの対策ページも記載されています。

【2020年】早稲田の日本史の傾向と対策を偏差値80の慶應生が解説!過去問はどう使う?
 増田塾で浪人をして、現在は慶應大学に通っているジンです【日本史偏差値】河合記述77(第1回) 80(第...

傾向と対策② 似た問題が出題される

早稲田大学の日本史では正誤問題の対策が重要です。

というのも、早稲田大学の日本史では学部の壁を超えて繰り返し似た問題が出題されるからです。

ベリー

え、どういうこと!?

2015年の政治経済学部の出題例を参考に解説しますね!

ポイントは、日本はベルサイユ条約でカロリン・マーシャル・マリアナ・パラオをドイツから継承したということです。

カロリン・マーシャル・マリアナ・パラオの4つを覚えましょう。

ベルサイユ条約で日本に認められた委任統治に含まれないものを2つ選べ。

  1. マリアナ諸島
  2. マーシャル諸島
  3. 南涉諸島
  4. カロリン諸島
  5. ソロモン諸島

<政治経済学部/2015>

3. 南洋諸島と5. ソロモンは含まれていないので誤りですよね。

ベリー

なるほど!こうやって出題されるのか!

そうなんだ!この問題を踏まえておけば、次の2011年社会科学部問題を解けるはずだよ!

もう一度確認しましょう。

カロリン・マーシャル・マリアナ・パラオの4つです!

日本がドイツから継承した土地に含まれないのはどれか。2つ選べ。

  1. ソロモン諸島
  2. 青島
  3. マーシャル諸島
  4. カロリン諸島
  5. 東部内蒙古

<社会科学部/2011>

2の青島と5の東部内蒙古は含まれていませんよね!

ベリー

なるほど!まったく同じような形式で出題されるんだね!

過去問を分析する重要性をわかってもらえたかな!

このように早稲田では学部の垣根を超えて似た問題が出題されます。

政治経済学部以外の過去問も解くことが大切です。

より難しい正誤問題を下記の記事で解説しているのでチャレンジしてみてください!

【早稲田の日本史】難問、奇問、悪問の対策を3分でサクッと解説
難問を解けるようになるためには過去問を解くことが大切です。僕は受験生の頃に早稲田の日本史の過去問を90年分(9学部×10年分)を解きました。これらの経験から、どうやって難問に対応したらいいのかを解説します。【日本史偏差値】河合記述77(第1回)/80(第2回)//センター満点

傾向と対策③ 傾向を掴むのなら過去問

ここまで読んで分かったかと思いますが、大切なのは過去問を分析することです。

できる限り他学部の問題も含めて解くようにしましょう!

とは言っても全学部の過去問を買うとかなりお金がかかってしまうので以下の参考書をお勧めします。

2つとも色々な学部の過去問を集めたものです。

早稲田の日本史

この参考書は問題ごとに難易度が載っているので合格ラインの目安になります。

闇雲に過去問を解いていても目安が分からなかったので助かりました。

早稲田大学入試対策 日本史問題集

この参考書では学部ごとの分析が載っています。

時代ごとの出題比率が載っているのでよく参考にしていました。

ってなことで程よく参考書も活用しながら対策しましょう。

政治経済学部の配点

科目 外国語 日本史 国語
配点 90 70 70

日本史の配点は英語ほどではないものの、政治経済学部ともなると簡単な問題を取りこぼすわけにはいきません。

他学部

コメント