ぶっちゃけ、勉強と部活を両立させるのは難しい【辞めてもOK】

大学受験
じん

慶應大学に通っているジンです。

受験生

部活と勉強の両立ってできるのかな…。

部活が忙しくて勉強時間が取れないんだよな 。

こういった悩みに答えます。

部活と勉強の両立は可能なのか

結論から言うと、勉強と部活を両立させるのは難しいと思います。

両立ってどのレベルなの ?

「部活と勉強の両立は可能です!」

僕が疑問を持つ表現です。

疑問に思う理由は2つ。

本当に両立は可能なのか

そもそもどの次元まで部活や勉強を頑張って両立と呼ぶのかと。

甲子園に出て東大を合格して両立なのか、それとも県大会の予選を突破して日大に合格して両立なのか。

はたまた毎日部活に出て、授業を聞いてさえいれば両立なのかと。

ベリー

人によって基準はまちまち!

でも、なあなあレベルで両立してもそこに価値はなくない? 

両立させるのは本当に難しい

部活と勉強を両立させるのってそんなに簡単なことでしょうか。

実際に両立できているのはもともと優秀な進学高の人ばかりです。インタビューとか読んでみてください。

そんな人たちの言葉を聞いて私たちは「部活と勉強の両立は可能だ」と考えてしまうのです。

しかし、私たちの大半は凡人です。1つのことを完璧にこなすことすら危ういのではないでしょうか。

だったら、1つのことに徹底して取り組んだ方が良いのでは?

僕は中3の時にこのように考えていました。

中途半端に取り組む価値はない

受験生

勉強にがっつり取り組みたいけど、部活で時間が削られちゃう。

あー、今日も部活か。

こういった感じで部活に行っている人は「なぜ、部活に行っているのか」を考え直すべきです。

僕の体感としてですが、中高生の部活の本気度合いはこれくらいではないでしょうか。

  1. 本気でやっている人     30%
  2. なんとなく続けている人   50%
  3. 辞められなくて続けている人 20%

漠然とやっている人が部活を3年間続けたところでどれだけの学びがあるでしょうか。

学校だと部活を最後まで続けるのが美徳とされているじゃないですか。

でも、やりたいことって常日頃変化していくわけで、本気で打ち込めないことにこだわっている必要はないですよね。

辞めようと思った出来事

かといって、辞めるからにはそれに代わる本気で打ち込めるものが必要です。

辞めてただの引きこもりになってもしょうがないですからね笑

僕の場合、それは勉強でした。

参考までに僕が高校生の時に部活を辞めようと思った2つの出来事を紹介します。

1日中トイレで勉強をしていた

高2になると勉強のことしか考えられなくなり、部活中にトイレにこもって勉強するようになりました。

「柏原がいないぞ」ってことでよく探されていました。

野球部あるあるですけど、監督が名前を呼ぶと皆でその人を呼びますよね。

監督「柏原を呼べ」

部員「かしわばら 〜」「かしわばら〜」(みんなで)

シーン…

部活中にグランドにいないことがバレて怒られました。

気づいたら突っ立っている

僕は野球をしながらも頭の中で英語や日本史を暗唱していました。

素振りの時間中、頭の中で歴史の流れを暗唱していたところ、気がついたら突っ立っていました。

先生 「あそこで突っ立ってるのは誰だ?」

部員(O椋くん)「柏原です!」

先生 「なに💢あいつを呼んでこい❗️」

「なんで突っ立ってるんだ」と怒られましたが、「頭の中で勉強をしてました」なんて言えないですよね。

部活が勉強の邪魔になった

部活をやりながらでもこれだけ勉強に打ち込めているのなら、辞めてもしっかり勉強に打ち込めるなと思いました。

部活を辞めようか悩んでいる人は、部活の代わりとなるものにどれだけ本気なのかを考えて見ましょう。

部活を辞めてもサボらずに全力でそれに打ち込めると思うのなら辞めても良いです。

辞められない人がほとんど【行動しよう】

決断ができたならあとは辞めるだけですが、行動に移せる人はほとんどいません。

部員(◯山)お前がやめられたら俺も辞めるわ

部員(○本)俺もそうする

部員(◯木)俺も

辞めると友達に伝えた時に5人以上にこういったことを言われました。

しかし、実際に実際には誰も辞めませんでした。

行動が大事

「辞めて新しいことを始めよう!」と心の中で思っていても実行できる人はほとんどいません。

でも、なあなあで打ち込んでいても自分のためになりません。

常に自分の行動の先には何があるのかを考えるようにしましょう。

それが明確になったらすぐに行動に移すべきだと思います。

ってなことで過激な内容になりましたが今回は以上です。

コメント